電話占い陸奥は、高い的中率の電話占い。本物のイタコ霊能者が口寄せ・降霊鑑定にあたる電話占い。

> >

霊媒師・イタコとは

こちらでは、電話占い陸奥を始めとした、青森県陸奥・下北半島など現地で活動する「イタコ」についても含め、その詳細をもっとしていただくためのご紹介です。イタコを生業とする者は減る一方で、この日本古来の伝統霊媒術が消えていく、忘れられていくのは誠に忍びなく思い、ここで残しておこうと思います。また単に記述するだけでなく、実際に電話占いでお電話いただく方も知りたいと思っているであろう読みやすい形式にしておきますので、どうぞご一読ください。

イタコの能力

イタコは霊界とこの世を結ぶ存在です。つまり、霊の言葉を人々に伝える役割を持ちます。その能力は「口寄せ」と呼ばれています。多くの方は、イタコは死者の霊としかコンタクトできないと思われているのではないでしょうか?しかし、そんなことはありません。イタコは生霊の言葉を伝えることも出来るのです。イタコが生霊を降霊する能力は「生口」と呼ばれています。
ちなみに、これは海外でも行われており、channeling(チャネリング)と言われます。日本のイタコに該当する能力者のことはchanneler(チャネラー)と呼び世界各国でも馴染みのある能力なのです。

生霊の恐ろしさ

「生霊」は生きている人間なのでなんとなく怖くはない、という人もいるかもしれませんが、古来より生霊の祟りほど恐れられたものはありません。つまり、死霊ならば、怨霊を鎮める法などで成仏させ、祟りを避ける方法がありますが、生霊にはそれが通用しないからです。なぜなら、生きている人間に対して鎮魂はできないからです。すると、怨念を持った生霊は存在し続け、憎んだ相手を恨みの炎で焼き尽くすまで苦しませ続けるのです。その原因は、昔から男女の愛情にまつわることが多いと言われています。

現代の「生霊」

現代においても生霊は存在します。例えば、交際している彼氏の体調が悪くなり、会う回数が少なくなった、突然態度が冷たくなった、頻繁にやりとりしていたメールが最近めっきり少ない・・・など、交際している彼氏の心を変化させたり、体調に異変を起こさせたりすることは充分にあり得るのです。実際に、イタコの電話鑑定を行っている「電話占い陸奥」でも、そのような事例はたくさんあるといいます。口コミにもたくさんの事例が寄せられていますが、このような問題には一番イタコの能力である「生口」が支持を得ています。

電話占いで発揮されるイタコの能力

些細な相談にもイタコの能力は発揮されるのです。相談者の立場や状況、感情さえも一瞬にして相談者の魂と同調し、感じ取ることができるといいます。また、恋愛に関する相談でも意中の人の魂を憑依させることによって、質疑応答に生口で応答することができるのです。その並外れた透視や霊視、憑依能力は代々受け継がれた血筋からくるそうで、霊や魂を意のままに操ることのできるイタコは、通常霊能者と呼ばれている方たちの中でも桁違いに強力だと言われています。当然その的中率は100%となり、外れることはないというから驚きです。

電話占いでの恐山のイタコ

イタコは青森県むつ市の恐山を始めとした陸奥・下北半島地域に昔から存在していますが、現代ではその恐山出身のイタコに電話占いで相談が可能になっています。日本に昔から存在した本当の霊能者であるイタコにいつでも鑑定してもらえるのです。わざわざ出向かなくとも対面で行っていた相談と変わらず、電話で口寄せを聞くことができます。生者、死者の霊魂を自由自在に降霊し、その心の内、状況を暴き、悩みを解決してくれるイタコという存在ですが、実は電話鑑定での歴史は長く、電話占い陸奥では40年も前から鑑定を行っています。その霊能力のみで始めた電話占い鑑定なので、大きな宣伝や商戦はなく、ただ口コミのみで今に広まってきました。始めは電話占いという特化した状況もあり、置かれた状況に戸惑いを見せるイタコもいました、電話占いにおいても長い歴史を刻んできた伝統霊媒術なのです。

イタコの祈祷

イタコの能力というのは口寄せだけではありません。イタコ独自ともいえる呪術を用いて相談者が希望すれば様々な祈祷も執り行ってくれます。色々な祭文、経文、祝詞、呪術、真言を唱え、神に請い願うことで相談者の祈願を成就させるといいます。陸奥出身のイタコはこの祈祷術にも優れており、高い評価を得ています。恋愛問題にとどまらず、何の願望にも対応できるようです。望み通りの将来が約束される一番の祈祷を施してくれるのは、やはりイタコと言えるでしょう。

通話料金・全額無料0120-666-557 陸奥鑑定所とは 有名雑誌紹介情報 有名芸能人の霊視実績 有名雑誌紹介情報 イタコと電話占い よくあるご質問 電話占い陸奥設立者氷白スエ霊能者からのご挨拶 電話占い陸奥携帯サイト

↑ページの先頭へ