電話占い陸奥は、高い的中率の電話占い。本物のイタコ霊能者が口寄せ・降霊鑑定にあたる電話占い。

> >

イタコが教える、霊障を疑う状況

こんなことがあったら霊障を疑いましょう

普段の日常生活で、何か異変を感じたことはありませんか?分かりやすい例でいえば、金縛りに合う、誰もいない部屋で人の話し声が聞こえる、いつも誰かに見られている気がする、ラップ音が聞こえるなどです。この場合、何か霊的なことが関係していることがあります。この霊的な影響のことを霊障といいます。
よく、心霊スポットに行った後、体調が優れないという人がいますが、その場合、霊の憑依が関係している可能性もあります。この霊障が疑われる場合というのは他にどのようなことがあるのか、また電話占い鑑定において、霊障はどのように対処されるのかを、実際に鑑定を行っているイタコ霊能者の口からご説明致しましょう。

霊障であるかどうか判定

鑑定で依頼者の方から相談を受け、その問題の原因を霊視すると、よく霊の障りによるものであることがあります。わかりやすい例で言えば、心霊スポットに行った方がその後、体調が優れなかったり、不運に見舞われ続けていたりといった具合にです。その場合、たいてい原因不明の体調不良で、病院へかかっても一向に解決せず、結果として私ども霊能者を頼ってきたというケースは多いのです。
霊障が原因であった場合、除霊や浄霊を行うことで解決へと導くことができます。まずは、その問題の原因が霊障であるかどうかの判定をします。それが霊能者の仕事といっても良いでしょう。

亡くなった人の霊と生きている人の霊による影響

もし今抱えている問題が霊障によるものである場合、その影響している霊が、亡くなった人の霊によるものである場合と、生きている人の霊によるものである場合との、2通りが考えられます。その他、動物霊による憑依の影響という場合もありますが、今回は省きたいと思います。
亡くなった人の霊は、死霊とも呼ばれ、いかにも恐ろしいという印象を受けますが、実際のところ生きている人による霊、つまり生き霊のほうが、その霊障の強さも強いのです。一度除霊をしても、再び悪い念を飛ばしてくる生き霊も多いです。生きている生身の人間がもたらす念は、非常にその力が強いのです。よって、生き霊による霊障のほうが、恐ろしいともいえるのです。

どのようなことが霊障と疑われるのか

霊障が疑われる場合の事象については、様々です。もちろん心霊現象と呼ばれる、霊の気配、声、ラップ音、心霊写真などは霊障であることが疑われます。また、生活をしていて何かと不運が続くという場合も、霊障である可能性があるのです。また、家族や恋人が急に変貌を遂げたというケースもあります。この場合、霊の憑依が原因であることもあるので、除霊や浄霊を行って対処をします。
以前、鑑定を行った方の例を挙げますと、小学2年生の娘さんが急に不登校になってしまったお母さんがいらっしゃいました。霊視したところ、その娘さんには、自殺した浮遊霊が憑依してしまっていたのです。除霊後、すぐに娘さんは精神的に回復し、学校にも普通に行くようになった、というエピソードがあります。

霊障の対処と、その後について

霊の障りというものは、一度除霊を行うと、本当に憑き物が取れたといわんばかりに、状況が一変して良くなることがほとんどです。どんなに悩んで自分の中に原因を探しても一向に解決しないのが、この霊障が原因のお悩みです。そのため、除霊・浄霊後、体調が良くなり、特に悪いことは起きなくなったという方は、何をあれほどまでに悩んでしまっていたのだろう、と驚かれることが多いようです。それだけ霊の影響は顕著に現れるものだといえます。少しでも異変を感じ、霊障ではないかと思うのであれば、霊能者に見てもらって損はないでしょう。

通話料金・全額無料0120-666-557 陸奥鑑定所とは 有名雑誌紹介情報 有名芸能人の霊視実績 有名雑誌紹介情報 イタコと電話占い よくあるご質問 電話占い陸奥設立者氷白スエ霊能者からのご挨拶 電話占い陸奥携帯サイト

↑ページの先頭へ