電話占い陸奥は、高い的中率の電話占い。本物のイタコ霊能者が口寄せ・降霊鑑定にあたる電話占い。

> >

電話占いが作る新たな可能性

今でもイタコやユタは民間信仰の対象として地域の人たちに頼られています。沖縄では工事の安全祈願や先祖供養、その他家庭内に何かあった場合の祈願や占いでの相談など、ユタは地域の人の日常に深く浸透しています。またイタコは死者の魂を呼び出す口寄せが有名ですが、実際は地域で信仰されているオシラサマという神様の神事を執り行ったり人々の霊的な相談、つまり占いをするというのも重要な仕事なのだそうです。マスコミやメディアが発達した今だからこそ大半の人がユタやイタコを知っていますが、3、40年前まではその地域に特化した特殊な存在で、同じ日本でも他の地域の人たちはイタコやユタを知らなかったのです。
また修験者や陰陽師にしても同様でしょう。こちらはかつては政治とも深くかかわっていたようです。今でも修験道のお寺はありますしそこに行けば祈祷もしてもらえますが、具体的にどのお寺なのかを知っている人はごく少数でしょう。陰陽師に至っては岡野玲子氏のマンガとテレビ出演した石田千尋氏のおかげで多くの人が知る存在となりましたが、いざ鑑定を受けるとなると「どこへ行けばいいの?」という状態でしょう。
このようないにしえの英知、精神文化と現代のハイテクを融合させて、光を与えたのが電話占いではないでしょうか。もともとは一部の地域、あるいは一部の限られた人たちのものだった霊能者の力が、電話というネットワークを通じて全国の一般の人たちのもとに届けられるのですから。しかも霊能者が所属する電話占いは、霊感、霊視に特化、会社によってはユタ、イタコに特化しています。だから霊感霊視の力を必要としている人が楽に霊能者と出会えるようになっているのです。
時間が思うように取れない、占い師のもとまで出向けない相談者にとって電話占いは大きな恩恵です。その一方で電話占いは霊能者たちに新たな活動の場を提供し、より多くの人に貢献する可能性を開いたのです。古来より受け継がれてきた英知は変わりませんが、霊能者のあり方は時代と共に変わらざるを得ない面があります。たとえば政教分離の現代では陰陽師が政治に係わることはできません。あるいは地域の過疎化で地元だけでは霊能者が生業として成立しにくい、という問題もあるでしょう。そのような中で霊能者たちに時代の流れに沿う新たな可能性を切り開いたのが、霊感霊視による電話占いなのです。イタコやユタは後継者問題が深刻だといいます。イタコやユタになるためには素養や厳しい修行に耐え抜かねばならないなど、多くのハードルがあります。電話占いの存在が後継者問題を大きく変えるわけではないでしょうが、新たな活動の場と可能性を提供することで何らかの変化が起きるかもしれません。全国に散らばる有能な霊能者と相談者を結び、古来の英知と日本の精神文化を現代に生かしているのが霊感霊視の電話占いなのです。

通話料金・全額無料0120-666-557 陸奥鑑定所とは 有名雑誌紹介情報 有名芸能人の霊視実績 有名雑誌紹介情報 イタコと電話占い よくあるご質問 電話占い陸奥設立者氷白スエ霊能者からのご挨拶 電話占い陸奥携帯サイト

↑ページの先頭へ