電話占い陸奥

MENU

鑑定のご予約・お問い合わせ

  • 新規の方の会員登録および受付へのお問い合わせ時間は、午前9時~翌午前5時までとなります。
  • 自動音声案内は24時間受け付けております。
  • ご利用になる場合には、電話番号を通知してお掛けください。
  • ご不明な点がございましたら、0175-28-3270(通話料有料)までお気軽にお問い合わせください。
閉じる

霊媒師・イタコとは ~陸奥鑑定所の霊能者たち~

霊能者が語る、有名人・著名人の電話占い(1)

とある芸能人の方からのご相談

~氷白スエ霊能者~

芸能人の方

皆様こんにちは、氷白スエでございます。陸奥鑑定所から生まれ変わった電話占い陸奥もお陰様をもちまして、全国の方々からご好評を得て受け入れていただいており感謝する次第でございます。あとは私がもっと皆様のお声を直接聞けるよう鑑定待機に入ることができれば良いのですが、なにぶん活力溢れるほど若くもございませんし、陸奥全体のことをアレコレと見ておりますと、どうしても待機に入ってお電話を取る回数は限られてしまいます。申し訳ございませんと、平に申し上げるしかございません。

さてあらためて申しますが、私が青森県陸奥で立ち上げた対面鑑定の陸奥鑑定所から電話占いへ移行した理由に、「全国にはもっと多くの悩める方々がいる、その声を聞かなくてはならない」といった使命感があります(もちろん、瞽女(ごぜ)のように、能力や巫儀、祭文などの伝統霊媒術を受け継ぐイタコがゼロになってはならないという理由もありましたが)。その“全国”と申しますのは、なにも青森県から最も遠い沖縄県の相談者といった距離的な意味合いだけではなく、その社会的地位や身を置かれている業界が違うことでの遠さも含有されております。周囲に相談したくても相談できない、完全に個人情報を守って願望を叶えるための相談がしたい、そういった方々の声も拾っていける、そんな場所としても陸奥は活動していければと思っております。

つまりは名前が表に出て活躍されている方々、たとえば政治経済に携わる方や教育者としてテレビに出ておられる方、芸能界に身を置いておられる方などのことですが、こちらではそういった方々からの相談実例をご紹介致しましょう。もちろん、個人が特定されるような情報は完全に削除してのご紹介ですから、多少つじつまが合わない内容があってもご容赦ください。

とある芸能人の方からのご相談

陸奥鑑定所の時代もそうでしたが、芸能界に身を置かれた方々からのご依頼は定期的に入ってまいります。それはなにもテレビや雑誌でお顔が直接映っている方本人に限らず、そういった方とお付き合いをされている一般の方からのご相談もございます。こちらでご紹介するのは、前者つまり芸能人の方ご本人からの相談になります。

その方からご相談を受けたのは、ある雨の降る深夜のことでした。あいにくと私は芸能界について疎いものでして、その方のお名前は存じ上げておりませんでしたが、役者としてまた歌手としても活動されている方でした。ご相談者の情報は当然ながら完全守秘ですので他のイタコ霊能者には訊ねず、後日書店に赴いて見た雑誌でこういう方なのかと知った次第です。

さてお寄せいただいたのは、最近の仕事に関するご相談でした。なにをやっても上手くいかない、これまではなんの問題もなく出来ていたことで失敗が続く、人付き合いでギクシャクしてしまう、そして今の生活に充足を得られないといった、この先の人生に関わる大きな悩みを抱えておられました。なるほど、確かにその方の心や声から伝わってくるのは、大きな負の空気ばかりでした。もっとも、声を聞かなくても完全に運気の谷に落ち、そこから上昇する方法すら見えていない状態だったのはわかりました。

その原因と経過を知るために、私はその方の守護霊に鑑定の場に降霊していただくこととしたのです。最も身近の存在である守護霊に、その方のことをもっと聞き出そうとしたのでした。しかし聞き出すまでもなく、降霊していただいた守護霊の霊力を見て原因を理解しました。ご相談者の現状は、守護霊の霊力低下によるものだったのです。守護霊の霊力が弱まる、すなわち相談者を日常生活の邪気や邪念、過去世で残っている未浄化の因縁などにむしばまれることとなるのです。文字通り、霊的に守ってもらう効力が低い状態で、そのままではこの先なにをやっても成功をつかむことはおろか、ただ落ちて行くだけの様相さえ未来に感じ取られました。ですから私が行なえること、行なわなければならないことは、守護霊へこちらから霊力を送り込み活発な状態にすることでした。幸いなことに守護霊が完全な休眠状態に入っているわけではなかったので、守護霊を入れ替えるまでの大掛かりな祈願を必要としなかったことでした。

この方に付いていた守護霊は、2代前のご先祖にあたるお身内の女性でした。もっとも、ご相談者はその方の名前すらご存知なかったようです。さて私は守護霊との交信を行い、こちらの意図をお話しいたしました。守護霊自身も、ご相談者の運気低下や日常生活での活力低下に心を痛めておられたのですが、守護霊自身の霊力低下によって守ることも運気を高めることも出来ない状況であることをわかっておいででした。ですからすんなりと、私の霊力を送り込むための、魂の開放を行ってもらえました。イタコ祭文と念伝達の霊媒術によって、守護霊への霊力送りが行なわれたのでした。鑑定が終わったときには、いつの間にか外の雨は止んでおりました。

こうして守護霊の降霊に伴う鑑定を終えて以降、テレビや雑誌で再びこの方のお姿を拝見するようになりました。テレビの画面を通して霊視を行いましたが、守護霊の力も確かに伝わってきて、運気が高い状態で保たれていることが十二分に見て取れたのでほっとしておる次第でございます。