電話占い陸奥

MENU

鑑定のご予約・お問い合わせ

  • 新規の方の会員登録および受付へのお問い合わせ時間は、午前9時~翌午前5時までとなります。
  • 自動音声案内は24時間受け付けております。
  • ご利用になる場合には、電話番号を通知してお掛けください。
  • ご不明な点がございましたら、0175-28-3270(通話料有料)までお気軽にお問い合わせください。
閉じる

本当にあった心霊話

第十九話 音声通話に混じる不気味な女の声

[体験者] 神奈川県相模原市・倉田悠真さん・21歳・学生

先日、陸奥の先生にお世話になった大学生です。おかげさまであれ以来、心霊現象に遭っていません。一人暮らしなのでとても助かりました。お礼も兼ねて、自分が相談した件について、こちらに投稿してみようと思います。よろしくお願いします。

音声通話に混じる不気味な女の声

PCのオンライン通話で友達と会話しながらゲームをやるのが日課なのですが、先日、おかしなことが起きたんです。自分は一人暮らしで、彼女もいません。いわゆるオタクというやつです。その日も講義が終わってまっすぐ家に帰り、部屋にこもって、ずっとオンラインゲームをしながら、discoadというチャットアプリで友達数名と通話をしていました。

そうしたら、友人の一人がいきなり私に向かって「お前、彼女できたのか」と言い出したんです。「は? そんなわけないじゃん」と笑いながら否定したのですが、その友人はそんな意に介さず「いや彼女放り出してゲームしてるんじゃねえよ。可哀想だろ。構ってやりなよ」と言うのです。他の友達も「せっかく彼女出来たんなら大事にしてやれ」「俺ら非モテのことは放っておいてさ」なんて囃し立て始めました。こいつら俺のことをバカにしているんだな、と思って、次第にイライラしてきて、「だから彼女いないっつってんだろ!」と、少し怒った口調で彼らに言い放ったんです。

すると、彼らは急に静まり返ってしまいました。つい怒り過ぎてみんなを引かせてしまった、そう思い、「ごめん……でも本当に彼女いないから……」と言い直しました。するとそれから数秒くらい気まずい沈黙が流れました。それから友達のひとりが「あのさ……ちょっと部屋を出て、外からスマホで通話してみてくれん?」と言い出したんです。意味がわからなかったんですけど、真剣な雰囲気を感じたので、「わかった」と言い、私はパソコンの前を離れ、家の外に出て、近所のコンビニに向かいながらもう一度discordに繋ぎ直しました。

「あのさ、すごい言いにくいんだけど……。さっきから、お前の通話、ずっと女の声が混じってた」友人が本当に言いにくそうな声でそう言ってきました。すると他の皆もそれに釣られて「そうそう、だから彼女かと思った」「本当に彼女来てないの?」と言い出したのです。なんでも、通話を始めてしばらくしてから、私の声にかぶさるように、「ねえ、ねえ、こっち向いてよ、ねえ」と女の声がずっと聴こえていたそうです。背筋がゾッとして寒気が走りました。

結局、その日は近くに住んでいる友人の家に行って、そこで朝まで過ごし、明るくなってから家に帰りました。

ひとりで思い出したら怖くなって、「霊能者に相談したい」と思いました。そしてネットで調べて、電話占い陸奥を見つけ、霊障問題の解決を得意とする先生に相談したんです。先生は「通りすがりの霊のようですね」とおっしゃいました。「今は霊の気配はしません。たまたま昨日の夜、通りかかった浮遊霊と波長が合い、通話にまぎれこんでしまったのでしょう。現在はもう去ってしまったようです」とのことでした。それから「最近新しくポスターを貼りましたね。その位置がよくないようです。顔の書いてあるふたつのポスターが向き合う形になっていて、それが霊道……霊の通り道を作っています」と言われました。これには驚きました。数日前、アニメDVDを買った時に店舗特典のポスターがついてきて、それを部屋に貼ったばかりだったのです。位置も、すでに貼ってあった別のポスターとちょうど向かいあう形になっていました。「これをずらせばいいんですね?」と言うと、「顔が向き合わないようにすれば大丈夫です」とおっしゃいました。すぐに言われたとおりにしました。

その夜、また変な現象が起きないか不安でした。でもいつものように友達と通話しながらゲームして、何事も起きないまま明け方になり、ホッとしました。あれから1ヶ月近く経ちましたが、音声通話に変な声が混じったことはあれから一度もありません。

霊能者による検証コメント

当時の鑑定を担当した者です。霊視の結果、部屋にはまったく問題なく、ご本人様も何かに憑かれているようなことはありませんでしたが、ご相談者様がいる周辺にうっすらと妙な霊気が漂っているのを感じました。そして部屋を霊視したところ、アニメのポスターのようなものが向かい合わせに貼ってあり、そのキャラクター同士の目がまっすぐ合う形となっており、そこに細い霊道が発生していることが分かりました。

人物の写ったポスターを向かい合わせに貼ったり、部屋の四方を囲うように貼ったりすると、時おり、霊道が発生してしまうことがあります。そこを入口と出口にするかのように辺りの不浄霊が部屋を通り抜けるようになってしまうのです。今回、ご相談者様の身に起きた怪奇現象も、そうして出来た霊道を通り抜けようとした霊の仕業です。たまたまご相談者様と波長が合ってしまったのも原因の一つのようです。