電話占い陸奥は、高い的中率の電話占い。本物のイタコ霊能者が口寄せ・降霊鑑定にあたる電話占い。

>

陸奥鑑定所とは

~設立者、氷白スエ(こおしらすえ)イタコ霊能者特別寄稿~

はじめに ~ご挨拶に代えて~

陸奥鑑定所の屋内

かつて陸奥鑑定所として、青森県の陸奥に設立されたイタコ霊能者による鑑定所が、「電話占い陸奥」として活動を新たにしてからしばしが経ち、ようよう落ち着いたと言えるようになりました。私自身、何度か電話による降霊、口寄せなどを行ないましたが、幾分慣れない手段でもあることに、最初のうちはご相談者にご迷惑をお掛けしたかと思います。お恥ずかしい限りではありましたが、この場を借りて改めて、平にお詫びを申し上げる所存にございます。
対面による霊媒鑑定を行なっていた陸奥鑑定所から、こうして電話による占いに手段を転じてみれば、なんとも津々浦々には心に負の要因を抱えていらっしゃる方の多いこととあらためて実感する次第であります。もっと早くに電話占い陸奥として活動の場を移しておけば、救える事情も多くございましたでしょうに、まこと心苦しい所存にございます。
さてそれとは別に、気に留まりましたことがありました。それは私自身も幾人かの方より訊かれたことで、「陸奥鑑定所とはどんな鑑定所だったのですか?」という件にございます。なるほど、確かにご尤もな疑念かと存じます。大きな商いとして活動していたわけでもなく、つまりは大々的に広報もしておらず、口伝、今風に言うところの口コミというもののみでの広まりであったため、設立されてより40年が経つとは言え、ご存じない方がほとんどでありましょう。もちろん、中には電話占い陸奥がかつての陸奥鑑定所であると知り、「以前、イタコに降霊してもらうために、九州から青森の陸奥鑑定所まで行ったことがあるのですよ」とおっしゃられる奇特な方もいらっしゃいました。これは嬉しい限りであります。
これも良い機会でしょう。手前どもがこの電話占い陸奥よりも以前に、看板として掲げておりました陸奥鑑定所につきまして、こちらでお話しさせていただきたいと思います。

青森陸奥で、イタコとして独立するまで

その前に、私自身のことについて、しばしお付き合いくださいませ。詳細につきましては、霊能者紹介の項をご覧いただくとしましょう。内容は多少かぶってはおりますが重ねてお話し致しますと、私は幼い頃より“見えて”そして“聞こえて”おったのです。なにが?そう、つまりは死者霊の姿や声であり、神仏霊の託宣などのことであります。幼い子供がそんな能力を有していて、なぜ大きな騒ぎにならなかったのか。それは、青森県は陸奥という土地柄と、母も祖母も、当時はすでに亡くなっていた曾祖母もまた、イタコとして活動していた血筋であることが原因であったのです。よって始めのうちは、「あぁ、あんたにも受け継がれとんなんえ」と半ば嬉しそうに、しかしどことなく自分が経験した修行を思い出してか、悲しそうに母は言うたものでした。ところがどうも、私に受け継がれたイタコとしての霊媒能力は、母の想像を超えていたようなのです。
細かい年齢までは覚えておりませんが少し成長した後に、私は青森陸奥のイタコの血を引く者として巫儀の修得のために、祖母の元へと預けられることになりました。祖母は篤志家の祖父と結ばれたことで生活の糧を自分の力だけで得る必要がなくなり、霊媒術や口寄せの能力が衰える前に、イタコとしての活動から身を引いていたのでした。しかしイタコは伝統霊媒術でもあり、後進を育成することに関しては引き受けていたのです。
一人前のイタコになるための、般若心経・オシラホロキ・十和田様の上げ降ろし・地獄探し・神寄せ・錫杖経・国がき等の習得について、細かいことはここでは省きましょうか。ひと口に言いますと、修行というのは単にイタコ霊媒師を目指すのみにあらず、人間形成も兼ねておりますのでそれはもう厳しいものでした。何度か祖母の家を飛び出しては実家に戻り、母が再度連れ出すか祖母が連れ戻しに来るかの繰り返しでした。こうして私は修行の月日を重ね、齢17にして独立を果たしたのでした。

陸奥鑑定所 ~設立の切っ掛け~

陸奥鑑定所の外観

イタコ霊能者として独立をしたと言っても、青森陸奥に事務所を持ったとか相談者の予約で予定表がいっぱいになったとか、そんなことはまったくありませんでした。幸いにして親や家族の保護の元、自分が身を粉にしなくても食べていける環境だったから、必死さというものを出さなくても良かったのです。それに私には祖母の教えもあって、イタコによる巫儀を商売として使う気持ちがサラサラ無かったことも影響していたのでしょう。
ところで、イタコと言えば下北半島の恐山大祭のイタコマチが思い浮かぶでしょうか。ここをお読みになるくらいの方なら、もっと知っていてあるいは川倉賽ノ河原地蔵尊や、上北郡百石町のイタコマチなどが浮かびますでしょうか。いずれにしても、なぜ私がそれらに出向いて、対面鑑定の能力を披露しなかったか疑問に思われるかもしれませんね。別に大仰な理由はございませんで、私自身は極度の緊張しいなのですよ。なにぶん、小さい頃から巫儀の修得・修行に明け暮れておりましたわけですから、同年代の子供を始めとした普通の家族に触れてこなかったことで、こんな性格になってしまったわけなのです。ですからイタコマチに足を運び、大勢のイタコに囲まれて、さらには大勢の相談者の方から視線を受けるイタコマチは、口寄せを行なうにも私には精神的な気後れとも言える感覚があったのです。
もちろん、他のイタコと交流が皆無だったわけでもありませんで、祖母の弟子、つまりは母の妹弟子であり私にとっては姉弟子にあたるお2人のイタコ霊能者とは、年齢が離れていようとも気心が知れておりました。そして後にこのお2人と私が一緒になり、陸奥鑑定所を立ち上げることになるのです。

陸奥鑑定所、設立前夜

先に申しておきますと、姉弟子のお2人はすでに鬼籍に入っております。おひとりは陸奥鑑定所が設立されて3年後、もうひとりが亡くなったのはその8年後のことでした。ですが当時は、それほど落ち込んではおりませんでした。なにしろ自分はイタコ、死者の声を聞くことを生業としているのですから、「困ったときは、姐さん方に降りてきていただこう」などと思っていたものです。しかしあらためてこうして文字に致しますと、なんとも薄情な印象を受け取られかねないですね。控えましょう。
さて話を本筋に戻しましょうか。陸奥鑑定所の設立は、祖母の言葉が切っ掛けでした。表向きはイタコとしての活動から身を引いていたとは言え、口寄せなどの霊能力は衰えていなかったわけですから、どこからともなく噂を聞き付けては祖母への霊媒や降霊、口寄せの依頼が継続してポツポツとありました。遠方から来られる方がほとんどでしたから、心苦しくて祖母も断れなかったのだと思います。しかし外からはわからないけれども、確実に祖母の霊能力は衰えていき、また年齢からくる体力や精神力の低下などもあり、あるとき完全に引退をする決心をしたのでした。しかしその後も悩みを抱えて祖母を頼ってくる相談者を見捨てることはできない、そこでその受け皿として私たちが力を合わせて看板を背負ってみてはどうかとの話になったのです。
私はもちろん、姉弟子のお2人も戸惑っていました。それぞれを指名してくれる相談者を抱えるほどになってはいましたが、それでも祖母はイタコとして大きな存在であり、私たち3人を合わせても届かないほどの霊能力を持っていたのですから。しかし実のところ、私はこれをもっと飛躍するための良い機会だと捉えておりました。

動き出した陸奥鑑定所

こうして動き出した陸奥鑑定所、このとき私は28歳となっておりました。さて動き出したとは申しましても、大きく広告を出すわけでもなく、することと言えば以前と変わりありません。自分たちの抱えている相談者の声に応え、また祖母を頼ってくる相談者の願望成就や口寄せを私たちが引き継いで行ない、結果を残すことで自分たちの知名度を高め、青森陸奥に限らず徐々に東北地方全体に、さらにその先にと陸奥鑑定所は知られるようになっていったのでした。
当時の私はイタコとしてはまだまだ若輩ではありますが、体力や精神力は充実しておりました。若さに物を言わせて、一日に5件も口寄せを行なったこともあります。さすがにそれは翌日、後悔するほどの疲労を私にもたらしたのですが…今にして思えば、ガムシャラだったと言えますね。ちょうどその頃、つまりは1970年代なのですが、青森陸奥のイタコの数はピークを迎えておりました。視察ではありませんが、興味本位に他イタコの口寄せを見ようとイタコマチに足を運ぶと所狭しと申しますか、あちらを見てもこちらを見ても、イタコの祭文が聞こえてくるのです。そこで感じたのは、「他のイタコに負けたくない」ということでございました。だからガムシャラになったのです。もちろん、口寄せなどは勝負ではありませんから、当時の私はそういうことにして心を奮い立たせ、姉弟子に、母に、そして祖母に追い付け追い越せだったのですよ。
ただその時期以降は、高齢イタコの引退や後継者不足により、イタコの数は減少の一途を辿ることになります。そういった統計や他の地方の話は後々にならないと知る由もありませんが、陸奥鑑定所への霊媒・降霊・口寄せの依頼は増え続けました。とは申しましても、私はそのとき自分の目の前に座する相談者のことだけに必死になっていたものですから、単に忙しいなぁくらいしか感じておらず、しかし充実した毎日を送っておりました。もっとも人に比べて世情に疎く、姉弟子にはもっと世間のことにも注視しなさいとよく言われたものです。

陸奥鑑定所とは

陸奥鑑定所の近隣

こうして口コミやイタコに関する世情の影響も受けながら、相談者が途切れることなく陸奥鑑定所は活動を続けていきます。陸奥鑑定所を設立して11年で姉弟子のお2人は鬼籍に入り、それ以降は私が独りで活動を続けることとなりました。幸いにして、陸奥鑑定所を畳むことになるような事件は起きませんでしたが、実は色々なところからお誘いはあったのですよ。ただ私自身が活動的でなく、また変化を好む性格ではなかったことから、どんなお誘いをいただいてもすべてお断りし、ずっと同じ青森陸奥を拠点に、自分が足を運べる範囲でしたら出向くこともありましたが、基本的には活動の場は動かさずにおりました。雑誌やテレビ、メディアやインターネットなどは無縁の物であり、私からそれらに手を出して名前を売ろうなどということは、なにやら祖母の教えに反しているような気もして憚られるのでした。ただ一点、遠方から飛行機や電車を乗り継いでお見えになる相談者の方々には、ご年配の方などには特に、そのご足労を申し訳ないと多々感じ始めていたのは事実でもあります。
そういうわけで陸奥鑑定所は、その様式や形式を変えず、訪れる相談者に対面での霊媒・降霊鑑定を旨としておりました。あぁそうです、変わったことがありますね。それはこのような私にも弟子ができ、その中から独り立ちに足ると判断したイタコ霊能者が、陸奥鑑定所に所属して私の手伝いをしてくれるほどに育ったことでしょうか。イタコもこのままでは、瞽女(ごぜ)の二の舞になってその能力や巫儀や祭文などを受け継ぐ者がゼロになってしまうのではないか、と言われておりますから、後継者が出来たことは嬉しい限りであります。陸奥鑑定所設立当初は、姉弟子に頼っていた私が頼られる存在となり、後進を導く立場になるなんて不思議なものです。

そして電話占い陸奥への決断

こちらに関しては、さほど語るべき言葉はありませんと感じております。こんな私でも世間を知るようになり、科学技術に触れて便利さを享受するようになりました。しかし不思議なものですね。世間は便利になったにもかかわらず、結局人から悩みは消えず願望は尽きず争いは絶えず、そしてイタコへの依頼は無くならないのですから。もっとも、もし依頼がゼロなどとなってしまえば、私もイタコを廃業して路頭に迷う羽目になってしまいます。ですから弟子を抱える身としては、それも困りものでございますわね。
さて話を戻しましょう。40年も続いた陸奥鑑定所から新たに、電話占い陸奥としての出発を決めた最大の理由はただ一点に尽きます。それは、『全国どこからでも相談者は、私ども本物のイタコに連絡ができること。そしてお悩み解決や願望成就のための降霊・口寄せといった霊能力を、たとえ電話越しであろうとも、対面鑑定の際と同じ高さの能力値で用いることが可能なイタコ霊能者が揃ったこと』に他なりません。
私自身はもちろん、陸奥鑑定所に所属していたイタコ霊能者は皆、「多くの人の悩みを解決したい」、「願いを叶えたい」とは思っていました。しかしそうは言っても、当地まで足を運んでいただける方には限りがありました。私どもの思いと現実とには差があり、それは対面による霊媒鑑定を続ける限り解決することは無いことだ、という“救いたいのに救えない”ジレンマに陥ってしまうのが明白でもあったのです。それを一挙に解決できる方法として、電話占いに白羽の矢が立ったのです。
また、対面による霊媒鑑定の陸奥鑑定所から電話占い陸奥に移行する際、私自身も決断と申しますか、ひとつの決意を致しました。それはこれまでの40年の歴史を大切にしつつも、新しいものを取り入れていこうとする再出発の気持ちです。つまりは、改名することでした。上でも書いておりますが、私には姉弟子にあたる2人のイタコ霊能者がおりました。その2人の本名から文字をいただき、『氷白スエ(こおしらすえ)』と致しました。字面、音の響き、いずれも大層気に入っております。 “氷”からくる冷たく鋭く、それでいてすべてを浄化するような透明さ。純粋な印象を与え、雪国である東北青森を描きやすい“白”の文字。イタコとして、まさにピッタリの印象ではないでしょうかね。ただ、まったく突然の改名でしたから、かつての私を知っている人が、たまたま電話占い陸奥にお電話してきて、そこでまさか私が電話に出るとはと非常に驚かれた方も大勢いらっしゃいます。始めは驚かせて申し訳ないと思いつつも、年寄りのいたずら心みたいなものだと感じております。
それから後は、私が語る必要もないでしょう。こうして今、電話を通じてイタコ霊能者がお悩み相談にあたり、願望の成就にあたり、日夜その霊能力を用いて電話占いを行なっている現実があります。一人でも多く、確実にその想いを形にしていくために、存在そのものが歴史の中に消えようとしていたイタコは、今日もその霊能力を用いているのです。

通話料金・全額無料0120-666-557 陸奥鑑定所とは 有名雑誌紹介情報 有名芸能人の霊視実績 有名雑誌紹介情報 イタコと電話占い よくあるご質問 電話占い陸奥設立者氷白スエ霊能者からのご挨拶 電話占い陸奥携帯サイト

↑ページの先頭へ