電話占い陸奥

MENU

鑑定のご予約・お問い合わせ

  • 新規の方の会員登録および受付へのお問い合わせ時間は、午前9時~翌午前5時までとなります。
  • 自動音声案内は24時間受け付けております。
  • ご利用になる場合には、電話番号を通知してお掛けください。
  • ご不明な点がございましたら、0175-28-3270(通話料有料)までお気軽にお問い合わせください。
閉じる

霊媒師・イタコとは ~陸奥鑑定所の霊能者たち~

インタビュー:その14「良恵先生」

復活愛が叶う可能性について

霊能者

聞き手「良恵先生は復活愛の成就で高い評判を得ています。別れた二人が再び結ばれることは容易なのでしょうか?」

「容易とまでは言い切れない場合もありますが、どのような状況からでもやり方次第で叶えることが可能です。容易かどうかはケースバイケースです。しいて言うなれば、破局して日が浅い二人の復活愛は容易に叶えることができます」

聞き手「なぜ日が浅いと容易なのでしょうか」

「大きく言ってふたつの理由からです。ひとつは状況が交際時からあまり変わっていない場合が多いから。例えば破局後何年かして、相手が別のパートナーを見つけて結婚していたり、遠方に引っ越していたりすれば、それだけで復活愛のハードルは上がります。しかし破局から日が浅い場合、相手が別のパートナーと交際開始している可能性はあれど、結婚している可能性はそれほど高くありません。以前の状況に戻しやすいということです」

聞き手「なるほど。ふたつ目の理由はなんでしょうか」

「はい。ふたつめは相手に対する感情が薄れていないからです。人は昔のことを忘れていく生き物です。たとえ激しく燃え上がった恋の相手でも、呪うほど恨めしい相手であっても、関係が途切れて十年も経てば、その感情は緩やかに薄れていき、やがて穏やかな懐古の念に変わっていきます。しかしながら、破局してまだ日が浅い相手のことは、たとえネガティブな感情であっても心の中に根強く残っているものです。この感情が強く残っていればいるほど、復活愛の成就は容易となります」

聞き手「なぜネガティブな感情でも問題ないのでしょうか」

「愛情と憎悪は本質的に同じ感情です。愛情を感じる相手と思い通りにいかないから、憎悪するようになるのです。人間は、好きになった相手と自分を同一視してしまいがちです。そして、その同一視したイメージと異なる面を相手が見せると、愛情が翻って憎悪になる傾向があります。いわば、愛情と憎悪は一つの感情の表と裏に過ぎないのです。ですから、相手に対する強い感情が残っていれば、それが愛情であっても、憎悪であっても、復活愛を成就させるための力になります」

聞き手「破局して時間が経った相手との復縁は難しくなるのでしょうか?」

「日が浅い相手との成就に比べれば、若干難しくなります。先ほども申し上げました通り、それぞれ別れてから異なる人生を歩み、お互い環境に変化がある場合がほとんどだからです。しかしながら、その環境変化を踏まえた上でふたりがもう一度再会し、ふたたび愛情縁で結ばれるようにする方法もあります。一度出会った人との縁は決して消えません。たとえどれほど古く痩せ衰えた縁であっても、つながりを再生し、霊的な縁を結びつけることで、ふたりの関係は再び接近していくでしょう」