電話占い陸奥

MENU

鑑定のご予約・お問い合わせ

  • 新規の方の会員登録および受付へのお問い合わせ時間は、午前9時~翌午前5時までとなります。
  • 自動音声案内は24時間受け付けております。
  • ご利用になる場合には、電話番号を通知してお掛けください。
  • ご不明な点がございましたら、0175-28-3270(通話料有料)までお気軽にお問い合わせください。
閉じる

霊媒師・イタコとは ~陸奥鑑定所の霊能者たち~

インタビュー:その20「天真先生」

霊降ろしだけではないイタコ本来の姿

霊能者

聞き手「イタコと言えば死者霊を降ろしてその言葉を伝えるというイメージがありますが、陸奥のイタコ霊能者の方々は恋愛成就や対人問題の解決などを得意とされる先生が多くいらっしゃいます。これは何故なのでしょうか」

「イタコとは本来そういうものだからです。死者霊を降ろしてその言葉を伝えるのもイタコが元来持つ役割のひとつですが、本来イタコとはそれだけを行う存在ではありません。イタコとは東北に脈々と伝わる霊媒師の系譜であり、霊媒師とはその地域の方々の悩み相談を聞き、人智を越えた力で答えを導き出し、幸せへ向かうための指標を諭す存在でした。恋愛や結婚、出産、農業や商業の成功、吉凶の予知など様々な役割を担っていたのです。しかし時代が新しくなるにつれ、そういった非科学的な力は否定されるようになり、イタコも見世物としての側面を強めていきました。その結果として現在のイタコのイメージがあります。本来のイタコにはもっと様々な役割があったのです」

聞き手「イタコに恋愛成就をお願いするのはむしろ正しいことなのですね」

「はい。それが本来のイタコの役割であり、イタコへの正しいご依頼です。片思いで悩んでいる、どうしてもあの人と結ばれたい、破局した彼ともう一度復縁したい、そういった内容は我々イタコも解決や成就を得意としております。また結婚を成就させたい、子供が欲しい、仕事で出世したい、裕福な暮らしがしたい、といった悩みは、古今東西におけるすべての霊媒師や祈祷師の領分、家系や土地の者の繁栄と成功を願うことです。そういったご相談はぜひ遠慮なくしていただきたいと思っております。むしろ『歴史の偉人の霊を降ろして欲しい』といった面白半分のご依頼のほうがよほど困ります」

聞き手「よくテレビのバラエティなどで、歴史の偉人の霊を降ろす霊能者の方がいらっしゃいますね。あまり当たっているようには見えませんが…」

「ああいった者達はその多くがまがい物です。本当に死者霊を降ろせる者が『歴史上の有名人を降ろして下さい』などという不躾な依頼に応えることなどまずありません。あるとしても渋々、嫌々、仕方がないからこのご依頼者様が満足するようにしてあげよう、といった気持ちでやっています。常識的に考えればわかることです。死者霊を降ろすというのは、いわば霊界にいらっしゃる霊体から“お越しいただく”ということです。現実問題に置き換えて考えてみましょう。例えば私が今から有名芸能人の方に『私の家に来て下さい』と言ったところで、相手にされるわけがありません。それと同様の話です。当然のことです」

聞き手「誰でも降ろせるというわけではないのですね」

「基本的に降ろせるのは“その方と縁のある魂”です。先ほどの例えでお話しますと、面識のない有名芸能人を呼び出しても来てくれるはずがありません、しかしそれが幼馴染や親族だったら話は別ではないでしょうか。あなたにお子さんやお孫さんがいるとして、そのお子さんやお孫さんが『どうしても会いたい』『声が聞きたい』と言ってきたらどうでしょう。都合のつく範囲で会えるようにするのでは。それが不可能であればすぐに電話か何かでお話できるよう尽くすのではないでしょうか。霊降ろしも同様です。縁深い方、親族、古いご友人などであれば、実際にこの身に降りてきていただくか、あるいは霊体と意識を通わせることによって、接触が可能です」

聞き手「とても理に適ったお話です。腑に落ちました」

「イタコは見世物ではありません。人を楽しませる道化でもありません。悩める方の悩みを解決し、願いを持つ方の願いを成就させ、成功と幸福に導くためのものです。あなたが恋愛や結婚、人生の悩みを抱えて困っているのであれば、ぜひ我々イタコにご相談下さい。イタコとしての正当な修行を経た我々が、その霊能力と誠心誠意を持って、解決、成就に向かわせます」